記事一覧

21/22総括 その2




では毎年ちょこちょこっと書いている活躍した選手紹介と各リーグの結果を書いていきます
文字数で分けただけで、めっちゃ書くことがあるわけではないよ!











まずは歴代ベストイレブンと、就任初年度のベストイレブンメンバーの今です

数名はChester退団後そのまま所属クラブが決まらずに引退しています
6部相当のリーグレベルの選手をリーグ2まで連れていってそれなりの給与与えて使っていたので、その選手が退団してもその給与に近い額を出せるチームは現れず、所属先が決まらないっていう悪循環があるようです













今年のベストイレブンについては順当にレギュラー選手が選出されています


















まず紹介するのはエースのRedshaw
リーグ1シーズンベストイレブン、得点ランキング2位、チーム記録2個更新と、31歳を迎えるシーズンではキャリア最高の成績をおさめる
さすがに全能力が下がってきている訳で来季からはバックアップとなるであろうが、この活躍はChesterファンの記憶にはしっかり残るであろう











Chesterの象徴、Hughes
今季はFWを除くとリーグ最高の平均評価点を記録するなどまだまだ進化を見せている
中盤が負傷離脱者が多かった時にCMで出場して1ゴール1アシストを記録している








________________________________

では各リーグの結果を簡単に見ていきます








冬段階でManCが6位に沈んでいたのでどうなるかなと思ってましたが、持ち直して3位に
Chelseaはつええなぁ






















リーガはReal Madridが制する
勝ち点もさることながら得失点差も大差がついている










ギリギリのところではあったがMilanが2年連続スクデット獲得
Cagliariはついに降格、セリエB降格から指揮していたラステッリ監督も解任されている









Hamburgが復活している以外は全然代わり映えがしないブンデス
とりあえずバイエルン、ブログのネタにするために降格してくれないか?










今年は4大リーグのあぶれたチームの大会になったELはNapoliが優勝








CLはリバプールを下したバイエルンが優勝
ブログつけている範囲では初のブンデスのクラブの優勝である









______________________________

ということで3年でリーグ1脱出に成功

多分また降格間違いないという立場からのスタートになると思いますが、リーグだけでなくカップ戦でもチャンピオンシップの名に恥じないサッカーをしなければ





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント